会社にバレずにお金を借りるのは最終手段

お金を借りる時に会社にばれないようにするにはどうしたらよいか、というお話を前回しました。

実はこの話は常に話題になることなのですが、実際に会社にばれずにお金を借りた人のサイトが参考になるので、あげておきます。

会社にバレずにお金を借りる

というそのままのタイトルなのですが・・・

 

「勤務先の確認ができるものを提出すればそれで在籍確認OKということになったそうです。」という事例についても書かれているので必見です。

このサイトの方はお金を借りることに関してはかなり詳しいみたいで、ブラックリストに載ってしまう条件なども細かく説明してくれています。携帯電話の下りは面白いですね。

 

会社にバレずにお金を借りるのは、貸す側からすると、実は難しいことでもあるんですよね。貸す側の立場に立ってみれば、貸したお金が本当に戻ってくるかというのは一番重要なポイントです。そのお金の出処は、借りる人に給与を払っている会社ですからね。

しっかりと在籍確認をしないと、リスクを抱えたままお金を貸すことになります。

これは見ず知らずの間柄でお金の貸し借りをするのですから仕方がない面も多分にあります。本来的には、自分のことをよく知っているひとをあたってみるのが先でしょうね。家族、親戚、友人など。お金を貸してもいいと思ってくれる人ですね。

実のところ、その方が利息も少なくてすみますし、場合によっては利息なしで貸してくれるかもしれません。

 

そういった身内からの借金ができない人だけが、会社にバレずにお金を借りる方法を使って借金をするべきだと思います。

本人確認は意外とスムーズに進む

先日、お金を借りる際に、在籍している会社に本人確認の電話がかかってくるお話をしました。

こちらとしては、絶対に勤務先にばれては困るわけです。

なんとしてもそれは回避しなくてはならない。

 

これなんですが、実はそんなに心配しなくても大丈夫なんです。

というのも、本人確認をしたい側でも、そういった事情はしっかり把握しているので、バレないように事を進めてくれるんです。

目的は、こちらが在籍していることを確認することなので、やりようは色々あるようです。

 

お客さんを装って電話をしてきて、そのままつないでもらうとか、あえて不在時に電話をしてきて折返し電話を要求するとか。

本人確認をしたい人の名前を出して、その人の在籍証拠がわかればそれでよいわけです。

事前にその辺を認識合わせしておけば、スムーズに進むと思いますよ。

 

お金を貸す側も、返済能力のある人には是非ともお金を借りて欲しいわけです。

お金を貸して利子を取らないと、サービスとして成り立ちません。極力お金を貸したいわけです。

ですので、本人確認に際してのこちらの要望なども聞いてくれますので、よく相談した方がよいですよ。

 

まぁ極力お金は借りないほうが良いとは思いますけどね。やむにやまれず借りることもあるのはわかっているのですが、やはり返済も大変ですからね。

CMじゃないですけど、計画的に借りて、計画的に返済していくことをおすすめします。

 

 

 

何故ばれるのか?

こんにには。

私は以前生活が苦しくて借金をしてたことがありました。ただ、その時、一番苦労したのは返済が間に合わない事もそうですが、何より会社にばれないようにしないといけないって事でした。

会社にばれると多分、クビになります。そうなると、返済どころじゃなくなります。なので、絶対にばれてはいけない。細心の注意を払いながらお金を借りたわけですが、結果、ばれずに借りられて、そして完済させることができました。

そんな私の行った方法や知識を書こうと思って、今ブログをこうして書いているわけです(笑)

さて、早速ですが、会社にお金を金融機関から借りたことがなぜばれるかというと、それはまず後にも先にも「借りた本人がその会社に在籍してるかどうかを確認するため」です。金融機関も返済能力のない人にはお金は貸してくれません。

もちろん返済するだけの収入を得てないと仕事をしてても貸してはくれません。なので、まず確認したい事はその会社に在籍していて、尚且つ返済するだけの収入を得ているかどうかを確認する必要があるのです。

その為、金融機関だとは言いませんが、電話で会社に連絡を入れてきます。この時、借りる私の名前で確認してきます。そして、相手の対応によって在籍確認をするんです。

私がその場にいれば私に変わってくれますし、いなければ会社は今席を外してますっていう対応をしてくれます。

その言葉が聞ければまずはOKなわけですが、いきなり名指しでかかってきて、要件があるわけではないので「でしたら大丈夫です」って言って切れたらそれはそれは怪しいさ満点なわけですよね(笑)

そこで、大体察しが良い人だとばれてしまいます。なので、この電話確認をうまくパスしないといけないわけです。

では、次回はそのパスの方法について書こうと思います。