何故ばれるのか?

こんにには。

私は以前生活が苦しくて借金をしてたことがありました。ただ、その時、一番苦労したのは返済が間に合わない事もそうですが、何より会社にばれないようにしないといけないって事でした。

会社にばれると多分、クビになります。そうなると、返済どころじゃなくなります。なので、絶対にばれてはいけない。細心の注意を払いながらお金を借りたわけですが、結果、ばれずに借りられて、そして完済させることができました。

そんな私の行った方法や知識を書こうと思って、今ブログをこうして書いているわけです(笑)

さて、早速ですが、会社にお金を金融機関から借りたことがなぜばれるかというと、それはまず後にも先にも「借りた本人がその会社に在籍してるかどうかを確認するため」です。金融機関も返済能力のない人にはお金は貸してくれません。

もちろん返済するだけの収入を得てないと仕事をしてても貸してはくれません。なので、まず確認したい事はその会社に在籍していて、尚且つ返済するだけの収入を得ているかどうかを確認する必要があるのです。

その為、金融機関だとは言いませんが、電話で会社に連絡を入れてきます。この時、借りる私の名前で確認してきます。そして、相手の対応によって在籍確認をするんです。

私がその場にいれば私に変わってくれますし、いなければ会社は今席を外してますっていう対応をしてくれます。

その言葉が聞ければまずはOKなわけですが、いきなり名指しでかかってきて、要件があるわけではないので「でしたら大丈夫です」って言って切れたらそれはそれは怪しいさ満点なわけですよね(笑)

そこで、大体察しが良い人だとばれてしまいます。なので、この電話確認をうまくパスしないといけないわけです。

では、次回はそのパスの方法について書こうと思います。